教える、ではなくこどもとともに成長する

 AIを始めとした技術の革新、ベーシックインカムを始めとした"生きる"や"はたらく"ということそのものの変化。

 わたしたちは人類が初めて直面するほどの大きな時代の転換期に生きています。


 今年小学校1年生のこどもたちが成人するのは14年後です。"成人"ということばすら意味をなさなくなってしまっているかもしれない社会の中で生きていくこどもたちにとって、わたしたちは本当に必要な学びを、成長できる環境を提供できているのでしょうか。


 わたしたちは、もはやおとなが提供できるのは"きっかけ"だけだと考えています。知識を一方的に教えるのではなく、こどもたちの心が動かされるさまざまなきっかけを企画し、こどもたちと一緒に全力で楽しみながら成長していく。そんな仲間をわたしたちは求めています。

 

スタッフインタビュー

koda_in.png

公立の学童で3年間勤務したのちに、CFAに入職。

現在は、施設長と横断組織H2Oリーダーを兼務。

 

 

suzuki.png

元小学校養護教諭。保健室の先生や教育委員会にて指導主事を担当。

早期退職ののち、北海道から上京し、

​2016年からCFAに参画。

 

itagaki_in.png

CFAの新卒採用の記念すべき第1号。

入職して1年目にして、全校舎合同遠足の全体リーダーを務める。

インタビュー時は2年目。

kikuchi_in.png

もともと教員志望で、教員養成の大学に進む。自分が成長できる環境を求めてCFAへ。現在1年目。

 

​CFAの人が考える、CFAらしさ

「CFAらしさって何?」「CFAで働くってどういうこと?」「CFAってどんな場所?」

CFAの先生がたに聞いてみました!

​こどもたちとともに成長するために

学童保育は、小学校よりも長い時間を過ごし、こどもたちの人間的成長にとって非常に重要な時間を過ごす場所。

未来にいきるこどもたちの成長をうながすためには、わたしたち自身が成長するすることが必要だと考えています。わたしたちは、こどもとともに、仲間とともに、成長することを大切にします。

研修

 

定期的に行われるこどもたちとの関わり方の研修や、外部講師を招いての「いじめ」「虐待」「発達障がい」などの研修があります。
また、週に1度の全体会議、入社時のWelcome研修、年に1度の合宿研修などの内部研修の他に、大企業の人材開発部長/運営部長を歴任した方による、全体研修(月1回)や管理職を対象としたマネージャー研修(月1回)があります。

チーム活動

 

校舎運営とは別に、組織全体でチーム活動を実施しています。プログラム部(プログラムやイベントを企画)、こどもの権利部(CFAKids全体の運営を分析、改善提案)、H2O(組織改善)、H&S(Health&Safety)などさまざまな職員と関わりながらCFAKids全体を変えていくことが出来ます。経験を積むとチームリーダーとなりチーム全員を引っ張っていきます。

​CFAアワード

 

CFAでは、1年にいちど一人ひとりのがんばりを認め合うための社内表彰式を行っています。

CFAが大切にしている4つのP「Project(目標を持って取り組む)」「Passion(熱意を持って主体的に取り組む)」「Peer(仲間と一緒に取り組む)」「Play(遊ぶように取り組む)」を実現してきた先生やチームをみなで称え合います。