【イベント】4月24日(日)「こども×社会課題」勉強会〜新年度に考えたいこどもの学び〜

\オルタナティブスクール ・HILLOCK開校スペシャル/

4月のCFA「こども×社会課題」勉強会は新年度スペシャル会です!


この4月に新しく開校するオルタナティブスクール ・HILLOCKの初等部校長を務める蓑手さんと一緒に、CFAの理事でもあるベネッセこども基金の青木さんをお招きして、CFA代表理事の中山のトークセッションを行います。


4月、新1年生はランドセル、勉強、友達…初めてばかりの毎日にドキドキワクワクの連続。そして、新2年生以上のこどもたちにとってもクラス替えや新しい先生との出会いなど、環境の変化があり、楽しみと不安が入り混じる時期。その時期にどんなふうにこどもたちと関わるべきか、こどもたちのために大切なことや本当の学びとは何かを考えます。


HILLOCKとCFAKidsは、オルタナティブスクールと学童保育という全く異なる教育機関ですが、

「こどもたちが今も将来も幸せであってほしい」

「遊びの中で成長する」

「他者との評価ではなくその子自身の成長を見守る」

など、共通した大切にしたい想いがあります。


台本のないトークに普段は聞けない深い話、具体的な事例や裏事情なども聞けるかも!?

ゴールデンウィークの前に今一度こどもたちのための学びについて、一緒に考えてみませんか?


▼こんな方におすすめです。

本当のこどものための学びとは何かを追求したい方!

教育現場でこどもたちと日々向き合っている方!


これまでアーカイブは、申し込みいただいたかたへ無料でお送りしておりましたが、

今後も勉強会を持続的に続けて開催していくために、今回のイベントより

【当日の参加は無料】【アーカイブ希望のかたは有料】

とさせていただきます。

この勉強会を継続していくために、ご理解いただけますと幸いです。


\アーカイブ券をご購入いただいたかたには3つの特典をご用意しています!/

①青木さんと中山の未公開トーク

②当日のイベントのチャット履歴

③ゲストのかたからの参考資料

※アーカイブは、イベント終了後1週間を目安に、ご登録いただいたメールアドレスへURLをお送りいたします。


_________________________________________

《概要》


■日 時:2022年4月24日(日) | 開場 12:50 / 開始 13:00 / 終了 15:00ㅤㅤ

■場 所:オンライン会議システムzoom

■参加費:無料 ※当日のアーカイブは1500円です。アーカイブお申し込み特典付き!

▼以下のPeatixよりお申し込みください。

https://chanceforallevent.peatix.com/view

*お申し込みいただいた方に参加用URLをお送りいたします。


《登壇者》

■ 蓑手 章吾さん

2022年4月世田谷に開校するHILLOCK初等部校長

昨年3月までは東京都の公立学校HILLOCK教員を14年間勤め、特別支援学校での経験から学習科学に関心をもち、教鞭をもつ傍ら大学院に通い「人間発達科学」で修士を取得。ICT活用に関しても高い関心を持ち、ICT CONNECT21が主催する「先生発!最新のICT技術で教育現場を変えるハッカソン」ではチームリーダーとして全国グランプリを受賞。一斉休校の際もアイデアとテクノロジーで「学びを止めない」を実現し、メディアに取り上げられています。趣味は子育てと教育。マイブームは、息子と図書館に行って知らないことを一緒に学ぶことと、フォアジャンを色々な料理にかけてみること。

著書『子どもが自ら学びだす!自由進度学習のはじめかた』に続き、2冊目の単著『個別最適な学びを実現するICTの使い方』が4月8日発売。

▶︎HILLOCK:https://www.hillock-school.com/

----------

■ 青木 智宏さん

公益財団法人ベネッセこども基金・特定非営利活動法人Chance For All 理事

公益財団法人ベネッセこども基金。東京都町田市出身。(株)ベネッセコーポレーションのグローバル部門、学校部門、新規で放課後事業立ち上げを経て、2018年より現職。助成事業の他、自主事業にてNPO等と連携して、「重い病気を抱える子ども」や「経済的な困難を抱える子ども」の学び支援などを担当。プライベートではChance For Allなど複数の非営利組織の理事。ソーシャルセクターとビジネスセクターなどの人流を増やすことがミッション。イチローとCoCo壱が好き。

----------

■ 中山 勇魚

特定非営利活動法人Chance For All 代表理事

早稲田大学教育学部卒業。18才の時に家庭の事情で家族が夜逃げ。東京都内のホテルやウィークリーマンションを転々とする。環境によって人生が大きく変わってしまう経験を経て「家庭や環境で人生が左右されないためにはどうしたらよいのか」を考え始める。大学在学中に様々な環境のこどもたちや教育のあり方について学んだり、学童保育の指導員として現場で勤務する中で放課後の可能性に着目。卒業後は保育系企業にて新規園の開発に従事。その後、IT企業でシステムエンジニアとして勤務しながら学童関係者とともに「こどものたちのための放課後」を実現するための準備を開始し、2014年にCFAKidsを開校。

▶︎特定非営利活動法人Chance For All:https://www.chance-for-all.org/





閲覧数:110回0件のコメント

最新記事

すべて表示